たけし、舛添都知事をぶった斬り…「権力者になりたかった人」「庶民感覚ない」

たけし(69)が8日、千葉県佐倉市の麻倉ゴルフ倶楽部で
行われたチャリティー大会「ザ・レジェンド・チャリティプロアマトーナメント」に出場。


たけし.jpg

ラウンド後は取材に応じ、高額出張費および公用車問題に揺れる、
東京都の舛添要一知事(67)を痛烈に批判した。

 たけしと舛添知事は、政界進出前から、
テレビ朝日系「ビートたけしのTVタックル」などで何度も共演してきた間柄。


舛添知事の“上昇志向”は当初から目立っていたようで、
「あの人は、最初から権力者になりたくて、人の上に立ちたくて、
政治家になるために政治学者になったような人だからね。
庶民感覚はないやな」と、まず知事としての資質面から斬って捨てた。


 高額出張費に関しても「自分でお金を追加して、
ファーストクラスにいくらでも乗るならいいけど、
都民のお金をそこに使っちゃダメだよね。
しかもあんな言い訳して」とバッサリ。
「ちょっとどうかと思うよなあ…」と苦い表情で話した。


 一方で、前都知事で、
医療法人・徳洲会グループからの資金提供問題で辞職した猪瀬直樹氏(69)にも言及。
「前の猪瀬さんは、5000万円ポケットに入れちゃってて、あいつら、どいつもこいつも…」と、
都民の立場として相次ぐ知事の“醜聞”にあきれ顔だった。


 この日はチャリティーイベントで、収益の一部は熊本地震の被災地にも寄付される。
震災復興について、たけしは「国を挙げて、もっとしっかり対策をしないと。
『災害省』を作って継続的にやっていかないとね」と提案。
「今日はたくさんお客さんが集まってくれて、募金もしてくれてるけど、
その場をしのいでるだけじゃダメ」とし、
「あと、こういう募金は、半年に一度でもいいから、行き先や使い道を公開して欲しいね」と持論を展開した。


ヒロミ たけしの豪快伝説を披露
現在は、トライアスロンやラリーレースに参加するなど、多彩な趣味を生かし、
お笑い以外の活動も盛んな“元祖武闘派芸人”のヒロミは、
若手時代から大物芸能人にかわいがられてきた。

 たけしもその一人で、一緒に飲みに行った時には、

たけしが道路で工事している見ず知らずの人に、

気前よく「はい、はい」と次々とお金を渡していた豪快伝説を披露。


「もらう方も『何で?』って(びっくりしてた)」と明かした。


たけしは1994年8月、バイク事故を起こして重傷を負い、生死をさまよった。


頭蓋(がい)骨陥没骨折、あごや右ほほなどの複数箇所の骨折、

右目がほとんど動かない動眼神経のマヒと顔面マヒ…。


顔じゅうぐちゃぐちゃになってしまっていたたけしと、

リハビリ中のスポーツジムでばったり会ったヒロミは、

サウナで2人きりになった時に

「おじさん(※ヒロミはたけしをこう呼ぶ)、まだ会見する前(※退院前)で、

顔に針金(手術箇所を固定、補強するワイヤ)がぐちゃぐちゃに刺さってたらしいの。


『針金抜いた時、いてーのなんのって。

俺、おでんの気持ち分かったよ』と言われたんだよ」と明かし、


困難な状況でも周囲を笑わせようとしたたけしの精神力に脱帽していた。



ヒロミはまた、「最高月収」にも言及。25、6歳で独立していたヒロミは、

全盛期で週10本のレギュラーを持っており、

「最高月収?5~6千万円」と笑いながら告白。


これには、くりぃむしちゅーらレギュラー陣も

「え~~っ?!年じゃなくて月??」と仰天していた。






この記事へのコメント