内村航平 金メダル獲得直後の「ある一言」でテレビ各局が「緊急会議」

リオ五輪に出場し、体操の男子団体と男子個人総合で金メダルを獲得した内村航平。



うちむらこうへい6.jpg


早朝の放送にもかかわらず、日本中の目をクギ付けにした内村航平の快挙だが、

内村航平の「ある一言」がテレビ各局を大騒動に巻き込んでいるとの声が聞こえてきた。

「体操男子団体が金メダルを取った後、

内村航平さんが『もしロンドン五輪で団体の金メダルを獲得していたら、僕は引退していた』

という発言をしたのですが、

これを我々は“引退宣言”と捉えたんです」と語るのは

在京キー局の五輪番組スタッフだ。

「この発言の直後、我々国内組にも

『内村航平さんが引退宣言をした』というメールが現地組から届きました。

このことで国内でも大騒動ですよ。

当然、引退後の内村航平さんを自局番組のレギュラーとして狙っていますから、

どうやって内村航平さん本人にアプローチするか緊急会議が開かれたんです」

 この発言を引退宣言と捉えるのは、

いささか早合点な気もするが、実際に各局で大騒ぎになったと、

この番組スタッフは続ける。

「ウチの局ではありませんが、早速、内村航平さんの冠番組の企画書まで作った局もありますからね。

それだけ内村航平さんは喉から手が出るほどの存在なんです」

 内村の発言の真意ははたして‥‥。

スポンサーリンク


この記事へのコメント