高梨沙羅 シースルー衣装でセクシーカットに挑戦

スキージャンプの高梨沙羅選手が、

新ライフスタイルメディア「Women's Health」ローンチ記念冊子の

表紙を飾ることが発表された。

二十歳のオトナ格好良い新たな一面を披露している。

たかなし2.jpgたかなし.jpg



スポンサーリンク










5月24日(水)にデジタルメディアとしてローンチする

フィットネス&ライフスタイルメディア「Women's Health(ウィメンズヘルス)」。


高梨選手は、その特別冊子のカバーガールとして登場。

女性誌の表紙に初めて登場した高梨選手は、

これまで見せたことのない、

ドキッとするようなまなざしを見せつけている。

たかなし1.jpg

撮影では、普段行っているストレッチ、腹筋や腿上げなどの

トレーニングの様子を再現したスポーティーなカットも撮影し、

冊子とウェブで公開。

たかなし3.jpgたかなし4.jpg

さらにスペシャルインタビューも掲載し、冊子では、

日々のトレーニング、オリンピックに向けての心境も。

ウェブでは、二十歳の女性としての素顔の彼女に迫る。

実は運動音痴であることや、オフの過ごし方、憧れの女性まで、

高梨選手のさまざまな側面に迫っている。

■ 高梨沙羅選手にインタビュー!

――表紙撮影の感想を教えてください。

自分ではできないような服装だったりメークだったり、

こうやってメークするんだっていう参考にもなったので、

見ていてとても面白かったです。

今まで見たことのなかった自分に変えてくださって、

新鮮な気持ちになりました。

今回きれいに撮っていただけて、本当にうれしかったです。

――オリンピックに向けての意気込みをお願いします。

今年の目標であるオリンピックで金メダルを取ることに向けて、

時間は限られてくるので、自分のできることを一つずつ積み重ねていって、

今まで応援してくださった方々や、

女子ジャンプをひらいてきてくださった先輩に

恩返しができるような結果で終われるように、

自分の技術を磨いていきたいと思います。

――シーズンオフはどのように過ごされているのですか?

オフの時期しか好きなものは食べられないですね。

試合期間は我慢しないといけないので、

戻せる限度までなら今は食べられます。

また、休日好きなことができるとしたら、行きたいのは“海”。

いつも山奥に行くことが多いので、

免許を持っているダイビングを楽しみたいです。

――10年後はどうなっていたいですか?

女子ジャンプの歴史は浅く、

山田いずみさん(女子ジャンプ日本代表コーチ)の存在が大きいです。

私は彼女が切りひらいた恵まれた環境でジャンプができています。

先輩たちが頑張ってくれたから今があるので、

私も女子ジャンプのために何かできたらいいと思うし、

女子ジャンプをもっとたくさんの人に知ってほしいと思うから

今回この撮影にも挑戦しました。

――メークは得意ですか?

二十歳になって周りの人から、

「もうちょっと身だしなみに気を付けていかないといけないよ」

と言われるようになったんです。

それからお化粧もやり始めて、試してみたら楽しくなってきました。

二重にするテクニックをざわちんさんに学んだんですけど、

今度は一重にするテクニックもあるみたいで、

気になっています。ファッションも好きなので、

ファッションに合わせてメークをするのも楽しいです。


スポンサーリンク







この記事へのコメント