「今井絵理子」略奪不倫の市議、結婚生活は破綻の嘘 報道前日に「離婚届に判を押せ」2人の「手つなぎ」関連動画あり

今井絵理子・参議院議員(33)との不倫により、
一躍全国的にその名が知られることになった
橋本健・神戸市議会議員。

「週刊新潮」報道の前日に、驚きの行動に出ていた。


30いまい.png




スポンサーリンク












 今回の騒動について橋本氏が行った「釈明」を要約すれば、


〈自分の婚姻関係は4~5年前から破綻している〉

〈既に破綻している婚姻関係は自由恋愛を妨げないと認識した〉


 しかし、その“婚姻関係は破綻していた”という
ストーリーを「まったくの嘘」と指摘するのは、
橋本氏の妻の近しい知人だ。


 知人によれば、
以前より橋本氏は外泊を繰り返していたものの、
妻と子の待つ自宅には時折帰っており、
別居状態でもなければ
離婚の合意もない状態にあった。

ところが、


「去年の8月になって、突然、
橋本が離婚の申し出をしてきた。
そして、9月になると、
いきなり近くにマンションを借り、
家を出ていってしまったんです」


 昨年8月9月といえば、
橋本氏が今井議員と出会って4カ月目、
今井議員が当選した参院選の直後に当たる。

これにつづいて今年3月に
離婚調停を申し立てた橋本氏だったが、
「週刊新潮」が発売される前日の7月26日になり、
突如妻に“会いたい”と連絡をしたという。


「代わって弁護士が会うと、
何と言ったと思いますか? 
“離婚届に判を押してくれ”ですよ。
そんなことは出来ない
、と弁護士は席を立ったんです」


 記事が出る前日に離婚を成立させ、
不倫ではないと強弁し、
虚偽の「婚姻破綻ストーリー」を
補強しようとしたのだろう。

一連の経緯について橋本氏に取材を申し込むと、
「記者会見でお話しさせていただいたとおりです」と回答。

妻や2人の子どものことは考えず、
頭にあるのは自分と今井議員の“保身”だけ。
人として「一線を越えた」卑しさを十二分に感じさせる。



スポンサーリンク











8月2日発売の「週刊新潮」では、
橋本氏の妻が送った「抗議文」の存在や、
不倫に公金を使う今井議員の行状とあわせ、詳しく報じる。



 2人の「手つなぎ」関連動画も公開中。




いまい7.jpg

「週刊新潮」2017年8月10日号 掲載


スポンサーリンク







この記事へのコメント