橋本健市議、架空請求疑惑記者会見で 政務活動費の“一線”質問に「その表現への回答は控える」

今井絵理子参院議員(33)との不倫疑惑渦中で、

今度は「週刊新潮」に政務活動費を巡る疑惑が

報じられた神戸市議の橋本健氏(37)が23日、

神戸市役所で会見した。


キャプチャ_2017_08_24_08_08_35_477.png




スポンサーリンク










公費約720万円を使い、

50万部以上を発行したとされる政策チラシの

「架空発注疑惑」を否定したが、

市民への配布に関し

「現状、証明できる資料などはない」と謝罪。


チラシの大半を「自分で投函(とうかん)した」

「万は超えている」などと主張したが、

廃棄したチラシもあることを明かした。       




 「架空発注ではありません」。

冒頭で勢いよく疑惑を否定した橋本氏だったが、

明確な反論資料などは持ち合わせておらず、

ほぼ丸腰状態。約50分、主張のみに終始した。


 23日発売の「週刊新潮」は、

橋本氏が政務活動費約720万円を計上し、

2010年から5年間に発行・配布したとしている

政策チラシ「ハシケン通信」のうち8回分に関し

、発注した印刷業者の存在や、

市民への配布が実際に行われたかに疑義を呈した。



 橋本氏は発注業者に関して、

知人経営のA社にデザインを、

別のB社に印刷を依頼したとし、

複雑な領収書の処理などを説明。


「業者は実在する」と釈明した。


 また、8回で50万部以上を発行したという

チラシの配布に関しては、

「ご批判を免れないが、現状、客観的に

(配布事実を)証明できる資料等がない。

どうしたらいいか悩んでいる」と話した。



キャプチャ_2017_08_24_08_06_51_566.png



スポンサーリンク











 橋本氏によると、

8回のうち業者委託したのは1回だけで、

残り7回は「郵送したり、自分で、

あるいは知人にも手伝ってもらって投函に回った。

(投函部数は)万を超えている」と主張。


夜間、朝までかかって投函に回ったこともあるといい、

服装は「ジャージーや雨カッパだったこともある」とした。



 報道陣からは「(全部で50万以上刷っているのなら、

1回は業者に頼んだとしても、

自分で投函した数は)万どころか10万部を超えているのでは?」

と真偽を疑う声が。


橋本氏は「数はかぞえてませんが」とあいまいに返答。


チラシを配布しきれず、大量に廃棄したケースがあったことも認めた。


 今井議員との関係を「一線は越えてない」とした橋本氏。

「政務活動費の使途が明確に示せないのは、
越えてはいけないライン」と指摘されると、
「その表現への回答は控える」
「今井議員に関しては控えたい」と回答しなかった。


記者会見の動画(ビビット8月24日より引用)↓



スポンサーリンク








この記事へのコメント