小室哲哉、「引退発表」 謝罪会見で 不倫疑惑の責任感じ「僕なりのけじめとして決意しました」

18日発売の『週刊文春』で看護師との不倫疑惑が報じられた
音楽プロデューサー・小室哲哉(59)が19日、
都内で記者会見を開いた。


スーツ姿で登場した小室は、
詰めかけた大勢の報道陣を前に
「今回の報道で妻のKEIKO、家族、ファンの皆様、
スタッフの皆様、いろいろな方にご心配、
お相手の方にもご迷惑おかけしたこと、お詫び致します」と謝罪。

さらに騒動の責任をとる形で
「僕なりのけじめとして引退を決意しました」と発表した。

無題.png



スポンサーリンク














 報道によると、小室は12月中旬にある女性宅に泊まり、
1月上旬には都内の高級ホテルで密会。

妻のKEIKOが実家に帰省している
1月上旬には自宅に女性を招き、一夜を共にしたという。

同誌の取材に小室は、
不倫疑惑について
「誤解を招く甘い言動が多々ありました。
本当に申し訳ないと思っています」とした上で
“男女の関係”を否定。

だが、A子さんと自分の部屋で“一緒に寝た”ことは認めていた。

9.jpg



 小室は2002年にglobeのボーカル・KEIKO(45)と結婚。
2011年にKEIKOがくも膜下出血になって以来6年、
リハビリに取り組むKEIKOを小室は傍らで支え、
「僕にはこの人しかいない」と献身を語ってきた。


 小室の事務所はファクスで
「プライベートは本人に任せております」とコメントし、
事務所の方針として
「本人が記事について否定しておりますので、
本人の発言を信用して対応致します」としていた。


関連記事
小室哲哉 不倫疑惑相手は柴咲コウ似 大人の女性らしい色っぽさ 画像あり http://entame000ss.seesaa.net/article/456286618.html


スポンサーリンク












3.png

不倫報道の小室哲哉、

「エイベ内では不良債権」!? 

イベント開催も“応募ゼロ”の悲惨な現況



 小室は「日本の音楽史上最も稼いだプロデューサー」などと、
「文春」誌面でもその輝かしい功績を
讃えられているものの、
現在エイベックスにとっては
“お荷物”のような存在だという。


「もはやアーティストやプロデューサーでもなく、
一言で言うと“偉人枠”でしょうか。
神格化こそされているものの、
オファーは“過去の栄光”に関するものだけだし、
ニュースになる話題も、
プライベートに関連するものばかり。

費用対効果を考えると、
エイベックスにとっては不良債権
というほかありません」
(エイベックス関係者)


 某地方のテレビ局プロデューサーも、
小室の寂しい現況を振り返る。


「以前、小室を中心にしたイベントを開催したのですが、
視聴者参加型企画への応募メールが、
まさかのゼロ通でした。
局員総出で、夜なべの“ヤラセメール”を
書いたものです」


 しかしながら、「文春」の記事冒頭を読むと、
小室がSクラスのベンツを所有し、
運転手も雇っていることがうかがい知れる。


「どれだけ社内で軽んじられているとしても、
小室が松浦勝人社長の“寵愛”を今も受け続けており、
一般人とは程遠いセレブ生活をしているのは事実。
現在の仕事状況に見合わない環境もまた
、“浮ついた行為”に走らせてしまった
原因なのかもしれませんが」(前出・エイベックス関係者)


 仕事に行き詰まりを感じているのか、
小室は、「文春」の不倫取材に乗じて、
自ら引退をほのめかせる始末。

本当に引退してしまいました。


話題の記事
高畑裕太の現在の容姿や職業が判明、想像の斜め上だった! 芸能界復帰を画策するも“ママ離れ”はまだまだ先か!? http://entame000ss.seesaa.net/article/456298343.html


エンタメ動画

有吉弘行がつけた絶妙な「伝説的なあだな名」まとめ



スポンサーリンク








この記事へのコメント