芦名星さん 三浦春馬さんに「会いたい」 インスタ裏アカに意味深メッセージ

2.jpg
ドラマ「ブラッディ・マンデイ」製作発表。後列左から松重豊、芦名星さん、前列左から三浦春馬さん、佐藤健(東京スポーツ)
出典https://news.yahoo.co.jp/articles/35ef813617fe011252abd3a720ac0381bdda0bb1
東スポより引用

やはり何らかの関係はあった!? 急死した女優・芦名星さん(享年36)の“裏アカウント”とされるインスタグラムが見つかり、波紋を呼んでいる。芦名さんはそのインスタで、7月に亡くなった俳優・三浦春馬さん(享年30)へ、「会いたい」などと悲痛な思いをつづっていたというのだ。2人はTBS系ドラマ「ブラッディ・マンデイ」で共演。その後も役者として認め合う“深い仲”だったというが――。

本紙が15日発行の紙面で、芦名さんと三浦さんの共通点を指摘していた通り、両者はやはり関係が深かったようだ。

 芦名さんは公式SNSを持っていなかったが、15日配信の週刊女性の電子版によると、本人のものと思われるインスタが見つかったという。

 芸能界では、一般に公開されている公式SNSとは別に、こっそり匿名アカウントのSNS(通称“裏垢”)を開設しているタレントが少なくない。公式SNSでは書けない怒りやグチ、悩みをブチまけるためだ。

 同電子版によると、芦名さんのものとされる裏垢インスタには、三浦さんへ向けたと思わせるメッセージがあった。

「私の心の中の友へ 一緒に乾杯しよ」と書いてあったり、三浦さんの四十九日の翌日である今月5日には「そっちはどう? こっちはなかなか(笑) 会いたい。ふつーに会いたいょ(泣き顔の絵文字)」と記したりしている。

 最後の投稿は一言、「バルス」。これは、芦名さんも好きだったジブリ映画「天空の城ラピュタ」の呪文で、「閉じよ」という意味を持つ。人生の“閉幕”を指していたのだろうか。

 芦名さんは2008年にシーズン1、10年にシーズン2が放送された、三浦さん主演の「ブラッディ・マンデイ」で共演。三浦さんは天才ハッカー役で、芦名さんは警察庁の対テロ組織勤務で三浦さんの護衛役だった。

「シーズン1、2通して共演シーンは多かったです。特に2では黒幕(満島ひかり)との対決で、芦名さんは銃で撃たれながら最後まで三浦さんを守ろうとするシーンもあったほど。撮影時から2人は熱心に演技論を交わしていて、親交が深くなりました。クランクアップ後も、知人を交えて飲みに行くなど、仲が良かったと聞きます」(TBS関係者)

 三浦さんが7月に急逝した後、芦名さんはふさぎ込んだ時もあったとされる。

「いろんな悩みが重なっていた時に三浦さんの訃報が重なって、不安が限界を超えたんでしょうか」と前出関係者は肩を落とした。

 クールビューティーなルックスとは裏腹に、芦名さんが繊細な一面を持ち合わせていたのは確かだ。02年に芸能界デビューを果たすも芽が出ず、自分に合っているか考え込み、「(芸能界を)やめた方がいいかも…」とこぼしていたという。

「芦名さんは福島県の田舎出身で、生真面目な面があり、悩みを抱えやすい人でした」(知人)

 デビュー間もないころ、迷える新進女優は、当時の女性マネジャーA氏に支えられた。

「そのころ、Aさんは有名私大を卒業したばかりの若手でした。芦名さんも駆け出しで、殻を破れていなかった。同性で同世代の同志。気も合って、お互い励まし合ったそうです」(同)

 雌伏の時を経て、芦名さんはヒロインに抜てきされた日加伊などの合作映画「シルク」(08年)でブレークのきっかけをつかみ、ドラマや映画に出演するようになった。

「ほどなくしてAさんは別の俳優のマネジャーに配置転換されました。芦名さんの急死を受けて、“やめた方がいいかもと悩んでいた時、芸能界から離れていればこんなことにならなかったかも…”と大きなショックを受けているそうです」(同)

 今となっては故人のご冥福を祈るしかない。


 悩みを抱えている方は、以下の窓口に相談を。

・「いのちの電話」0570-783-556(午前10時~午後10時)

・厚労省「こころの健康相談統一ダイヤル」0570-064-556

・LINE「生きづらびっと」→「友だち追加」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

モンスターハンターライズ
価格:7910円(税込、送料無料) (2020/9/25時点)





芦名星さんがこぼした「私は滝クリさんのようにはいかない」
NEWS ポストセブンより引用

都内の自宅マンションで亡くなっているのを兄に発見された女優の芦名星さん(享年36)。遺書は残されていなかったが、自殺とみられている。


 女優として順風満帆に思えた芦名さんの人生は、ここ1年でめまぐるしく変化していた。そのひとつが交際相手だったという。

恋が上手くいかないと、すべてに雲がかかる
「彼女には、恋愛至上主義の一面がありました」と涙ながらに話すのは、芦名さんの知人だ。

「掃除、料理などがとても得意で家庭的で、恋人には徹底的に尽くすタイプでした。交際相手に恵まれないこともありましたが、彼女はそれでもあまり周囲に愚痴を言ったりしなかった。20代前半から結婚願望があり、『30才までには結婚したい』が口癖でした」(芦名さんの知人)

 実際、芦名さんは『anan』(2012年8月1日号)のインタビューで、自身の恋愛体質を隠すことなくこう語っていた。

《恋愛は、私にとっては欠かせないもの。友達に4年も彼氏がいない子がいるんですけど、恋愛感情そのものが湧いてこないというからすごく不思議で。無理に彼氏は作らなくてもいいけど、誰かにときめいたりドキドキすることって大切ですよね? それだけで日々が潤いますから(中略)恋しているから仕事も頑張れる、というのが私にとっての理想の状態です。恋が上手くいっていないと、すべてに雲がかかっているような暗い気持ちになってしまいます》

 20代のときには半同棲する元ダンサーとの回転寿司デートや人気俳優との交際も噂された。30代半ばを迎えた彼女の前に現れたのが、昨年春に本誌・女性セブンが交際を報じた小泉孝太郎(42才)だった。

「2013年のNHK大河ドラマ『八重の桜』で共演した2人は、2019年1月のドラマ『グッドワイフ』(TBS系)での7年ぶりの共演をきっかけに交際を始めました。結婚願望の強い芦名さんだけに当然、孝太郎さんとのゴールインを意識したはずですが、なかなかスムーズにいかない事情もありました」(前出・芦名さんの知人)

 交際中に芦名さんの愛犬ともすっかり打ち解けた孝太郎だったが、結婚の障壁のひとつとなったのは、孝太郎の実家だったとも報じられている。孝太郎の父は、言わずと知れた小泉純一郎元首相(78才)で、弟は小泉進次郎環境相(39才)。曽祖父と祖父も国会議員という政治家一家だ。

「しかも小泉家は、一族が政治資金の管理や地元の取りまとめを行い、鉄の結束を誇る。芸能界に入ったとはいえ、小泉家の長男である孝太郎さんのお嫁さんになる女性に課されるハードルは、必然的に高くなります」(孝太郎の知人)

 昨夏には、進次郎氏と滝川クリステル(42才)が電撃入籍と妊娠を発表。滝川という「異文化」が小泉家に注入されたことで、芦名さんと孝太郎の関係も進展すると思われたが、そうは問屋が卸さなかったようだ。









「芦名さんはラーメン好きを公言するように、福島の一般家庭で育った生真面目で庶民的な女性です。フランス人とのハーフで華麗な経歴を持つ滝川さんと同じようには振る舞えなかった。彼女は親しい知人に、『私は滝クリさんのようにはいかないの……』とこぼしていました。先の見えない交際に悩んだ末、最終的に別れを切り出したのは、芦名さんの方でした」(前出・芦名さんの知人)

 揺れ動く恋の行方には、孝太郎も苦しんでいたという。

「だんだんと2人の関係が重苦しくなるにつれて、孝太郎さんは、『もう芦名さんは自分に気持ちがないのかもしれない……』と周囲に漏らしていました。恋が終わりを迎える頃、芦名さんには別の男性の影もちらついたようで、孝太郎さんは彼女の思いに気づき、身を引いたようです」(前出・孝太郎の知人)

 かつて「恋愛は、私にとっては欠かせないもの」と語った芦名さんだけに、孝太郎との破局後には、別の男性との新たな恋を見つけたようだ。

「今春くらいから距離がぐっと近くなった次のお相手には、芦名さんの方が強く思いを寄せていたようです。その男性について彼女は多くを語りませんでしたが、思うように事が進まず、悩みを募らせていたと聞いたことがあります。いま思えば、この人との恋が、彼女を変えていったようにも見えます。惜しげもない下着のグラビアもその人への思いを振り切る気持ちで挑戦したのかもしれません……」(前出・芦名さんの知人)

 前出の『anan』のインタビューで、彼女はこうも語っていた。

《私は何事もマイナスに考える性格なので、ヨシヨシと頭をなでてくれるような存在が必要なんです》

※女性セブン2020年10月8日号






[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゼルダ無双 厄災の黙示録
価格:7128円(税込、送料無料) (2020/9/17時点)







急死の芦名星さん DV男と壮絶交際「殴るなら顔以外にして!」

東スポより引用

女優の芦名星さん(36)が14日、東京・新宿区の自宅マンションで死亡しているのが見つかった。自殺とみられる。7月の三浦春馬さん(享年30)に続く〝早すぎる死〟。芦名さんを知る人からは「仕事に前向きだった」「トラブルを抱えている様子はなかった」など、死の兆候は感じられなかったという。

唯一〝危うかった〟のは異性関係だ。外見からはクールなイメージの芦名さんだったが、恋愛については意外な一面を見せていた。芸能プロ関係者が明かす。

「20代前半のころから結婚願望を明かしていて、『30歳までには結婚したい』と話していたこともある。料理が得意で家事は何でもこなす。クールビューティーとして知られてましたが、中身は恋愛体質で尽くすタイプ。恋人に靴下をはかせてあげることさえいとわないほどだったとか」(芸能プロ関係者)

 2007年11月放送の「グータンヌーボ」(フジテレビ系)では、DV癖のある恋人に尽くしていたことを告白。かなり激しかったようで「殴るなら顔以外にして!」と懇願する衝撃エピソードも明かしている。

 その恋人の借金まで肩代わりしたほどで「(恋人に)洗脳されてますもん、その人に。徐々に、徐々に」と意外な恋愛体質ぶりで、視聴者を驚かせていた。
「食べるものも、自分よりも恋人が食べたいものに合わせるようで、高カロリーなラーメンなども気にせず食べたりする女性でした」と前出の芸能プロ関係者は言う。

 直近では昨年のゴールデンウィークに俳優の小泉孝太郎(42)との交際が報じられた芦名さんだったが、昨秋までに破局。原因については不明だが、孝太郎さんとの恋愛を引きずっている様子はなかったという。






3.jpg
出典https://news.yahoo.co.jp/articles/483240129634029e5054e36d3610b159c44ded12

女優・芦名星さん急死に「ブラッディマンデーのキャストがまた…」の声 三浦春馬さん主演ドラマで共演

スポーツ報知より引用

女優の芦名星さんが死去していたことが14日、分かった。36歳だった。所属事務所が認めた。

 このニュースにネットでは、「大好きだったブラッディマンデーのキャストがまた…」と、7月18日に亡くなった俳優の三浦春馬さん(享年30)が主演し、芦名さんも出演していたTBS系ドラマ「ブラッディ・マンデイ」を思い出す声があがった。

 「え、芦名星、、、ブラッディマンデー好きだったのにって思ってたら、三浦春馬もブラッディマンデー出てたやん」「別にこれに因果を求める訳じゃないけど、芦名星って三浦春馬主演のブラッディマンデーに出てたよね」「ブラッディマンデーの南海さんかっこ良かったんだよなぁ、、、」と、急死を嘆くコメントがツイートされた。

 芦名さんの所属事務所は「本日午前中、新宿区の自宅マンションで亡くなっているところを親族が発見。死因については現在調査中です」とした。捜査関係者によると、現場の状況から自殺を図ったとみられる。

 芦名さんは2002年にモデルデビューし、同年にTBS系「しあわせのシッポ」で女優デビュー。今年は1月期のTBS系「テセウスの船」に出演していた。14日発売の週刊プレイボーイのグラビアでは水着や下着姿などを披露している。



急死の芦名星さん「ブラッディ・マンデイ」にも出演 21日にCSで一挙再放送予定だった
デイリースポーツより引用

女優・芦名星さん(36)が亡くなったことが14日、分かった。所属事務所のホリプロによると、この日午前、新宿区の自宅マンションで亡くなっているのを親族が発見した。

 今年1月期に放送されたTBS系「テセウスの船」をはじめ、「相棒」などのドラマ、今年公開された映画「AI崩壊」、「検察側の罪人」(18年)など話題作への出演が続いていた。

 芦名さんは、7月に亡くなった三浦春馬さんが主演したTBS系ドラマ「ブラッディ・マンデイ」で共演しており、同ドラマは今月21日にTBSのCSチャンネル「TBSチャンネル」で一挙放送予定。また「ブラッディ・マンデイ シーズン2」も22日に一挙放送予定となっている。

 また、静岡放送では現在木曜深夜に「ブラッディ・マンデイ」を再放送中。ファンからは「再放送始まったばかりなのに」「すごくびっくりしてる」「ショックすぎる」「また悲しくなる」など悲しみと驚きの声が投稿されている。





女優の芦名星さん急逝 心痛めた故郷・福島の被災と“恋人”との未来〈dot.〉
AERA dot.より引用

女優の芦名星(あしな・せい、本名・五十嵐彩=いがらし・あや)さんが亡くなったことが14日、分かった。36歳だった。



 所属事務所は「本日、午前中に新宿区内の自宅マンションで亡くなっているところを親族が発見しました。死因については現在調査中です」としている。警視庁では現場の状況から自殺とみている。

 またもや人気俳優の自殺に衝撃が走った。

 折しも、芦名さんは14日発売の雑誌「週刊プレイボーイ」で約10年ぶりだというグラビアに登場し、入浴シーンも披露していた。今年1月から放送されたドラマ「テセウスの船」(TBS系)にも出演し、女優として高い評価を得ていた。

 芦名さんは福島県郡山市出身。2002年にモデルとしてデビューし、同6月にドラマ「しあわせのシッポ」(TBS系)で女優デビュー。06年には日本、カナダ、イタリアの合作映画「シルク」の日本人ヒロインに抜てきされた。

「死因など詳しいことは調査中ですのでわかりません。事務所関係者は最近特に変わったことはなかったと言いますが、発見したのが親族というのが気になります」


本サイトは昨年5月に俳優の小泉孝太郎(42)との交際について報じている。

 2人は2013年のNHK大河ドラマ「八重の桜」で共演、昨年1~3月に放送された「グッドワイフ」(TBS系)では、小泉の“元カノ”役でゲスト出演していた。

 2人は昨年のゴールデンウイークの最終日、愛犬を連れて散歩し、そのまま孝太郎の自宅マンションへと帰っていったことが週刊誌「女性セブン」で報じられた。犬の散歩にはすっぴんで出かけていたことからも、孝太郎にはかなり心を許していた様子がうかがえる。それ以前にも西麻布のバーや有名鳥料理店で孝太郎の友人たちを交えてデートを楽しんでいる姿が目撃されていたようだが、芸能関係者は「家庭的で料理も家事もまめにこなすタイプです。見た目はクールな感じですが、気さくでよく気配りのできる女性です」と証言していた。

 その後2人の関係がどうなったのか、はっきりとしたことはわからない。だが、先の女性誌記者は次のように話す。

「交際が報じられた時点では、結婚に慎重な孝太郎も、今回はゴールインするのでは?とみられていたんです。そのぐらい2人の交際はオープンでしたし、はたから見てもお似合いのカップルでした。ただ今年1月、弟の進次郎氏の第1子が誕生して、主演ドラマの制作発表でも喜びをあらわにしていたのですが、自分の結婚について聞かれた際には、ほとんど何も語りませんでした。単に報道陣をかわしただけかもしれませんが、ちょっと違和感がありましたね」

 女優としてもますます期待される存在だった芦名さんの訃報は、関係者やファンにも大きな悲しみをもたらしている。(宮本エミ)



 そう話すのはスポーツ紙記者だ。

「11年の東日本大震災で郡山の実家とお兄さんの自宅が被災し損壊してしまったそうです。両親とお兄さん一家は無事でしたが、芦名さんはとても心を痛めていました。もともと中学を卒業してモデルを目指して上京するときも、家族全員が応援して送り出してくれるほど、仲のいい家族でした」(同前)

 震災直後から芦名さん自身もボランティア活動に参加し、震災関連の仕事も積極的に引き受けるなど、復興支援に熱心に取り組んでいたという。

「15年ごろには『実家にもようやく除染が入る』と周りにも報告していましたから、常に心は家族と福島に寄り添っていたのだと思います。これはあくまでも推測ですが、今回その家族が発見したというのは、もしかしたら何か異変を感じていたのではないのでしょうか」(女性誌記者)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

太鼓の達人 ドコどんRPGパック!
価格:6039円(税込、送料無料) (2020/9/17時点)


この記事へのコメント